satoshikoide

埼玉県の与野駅にある、美容室passtimeのスタイリストが、美容の情報やグルメや日常について、シュールにお届けし〼

三十青年漂流記

意欲がわき、急に執筆したくなりました。

あれは7月31日に伊豆に行った日の事。


海洋調査という名目のもと、シュノーケリングを毎年地元の仲間でやるのが夏の恒例行事。

今回、台風うねりが入ってきて波も少し高めな状況。

本来行くはずであった、ヒリゾ浜にも波が高くて行けないという状況でありました。
(※ヒリゾ浜はググってみて〜)


そして、代わりに行った落居海岸というポイント。
本来、ここはシュノーケリングで知られるポイントらしいが、

あれ?波立ってんじゃねえ??


という事で、急遽サーフィンに切り替えました。


出来るっちゃ出来るが、、滑った先には岩場がむき出しになっててメチャ危ないこの海岸。

サーフィンするポイントではないのだから当然といえば当然なのだが、、

結果、

やっぱ危ないし、こええよ!

なんか波でかいし!


そんな時、この駐車場を管理するおじさんが


「その辺の岩場は危ないからやめておけ、向こうに島が見えるだろう?
あそこはサーフィンのポイントにもなってて、プロサーファーも来るからあそこでやっておけ」

と、要約するとそんな事を言われすっかりその気になった僕。

実際このままだと、ボードもオシャカにしかねないし何より怪我しかねない。


が、かなり遠くね??って思うけど、行かないわけにはいかない。




遠くのこの島↑

それが自分なりにサーファーとしてやってきた矜持でもあった。

ま、でもせっかく水キレイだし遊びも兼ねて行くか。。



という事で、普通ならばあり得ないこのスタイルが生まれた。

シュノーケリングやりがてら、サーフィンするというこのスタイル。

大谷選手で言えば、二刀流。藤井四段で言えば、王手飛車。

サーファーに見つかったらメチャ恥ずかしいが、幸いここにはサーファーは誰もいないので関係ない。
突っ込まれたとしても、

「ははっ、王手飛車取りなんで」

と、濁せばすむ。


いざ!!



漕げども漕げども、辿り着かない、



あの島は遠く。



手元の時計で確認したとき、確か30分は経っていたと思う。

いや〜遠かった〜、ようやくたどり着いた島。


↑遠くね笑

だがそこには波は立っておらず、また少しあるのかな?と思って注意深く観察してみても、岩場がむき出しの危険な状態であった。


え、できなくない??

こんなに疲れたのに、こんなに漕いだのに。


おい、おっちゃん、ウソだろ、おい。。


とりあえず、






嫌になっちゃって海に逃げ込んだのさ

気分は、もうたい焼きの様さ。

水はキレイだし、そこそこ大きい魚群も確認できたので良しとする。撮れなかったけど。


もう帰ろう。。つかこれだったら最初のポイントのがまだ出来るよ。

という事でさっそく引き返す。


異変はここから

あれ、ちょっと右に流される??

沖に流されないだけ全然いいけど、右に流されている事に気づく。

む、ちょっとマズい。

帰るべき目印にしていたテトラポットは遥か遠くにあり、気がつくとちょっとずつ流されるのでこれは注意しなければ。

という事でヘロヘロになりながらも漕ぎ続ける事、1時間。

さらなる異変に気づく。

「あれ、どこ、ここ??」


気がついたら、全然知らない海岸にたどり着いていて、焦りを感じ始める。

しかし、落ち着け。まずは上陸する事から。

テトラポット付近には波が打ちつけているので、ここからの上陸は危険すぎるので絶対にダメだ。

はまったら最期なのだ、テトラは。

そんな凶悪なテトラポット群を抜けて、やっと上陸出来そうなところを見つけて、愕然とする。

本当にどこに来てしまったんだろう??

まるで浦島太郎である。

しかしながら、道は繋がっているのだ。歩けば辿り着くはず。


そう考えてる時、ある男の人に声をかけられる。

「波立ってました??すごい遠くにいたけど、大丈夫ですか?」


サーファーの方なのだろう。

かくかくしかじかでここまで流れ着いてしまった事を説明し、現在地の確認と、元にいた海岸の行き方を教えてもらった。

どうやら隣の集落まで来てしまっていたらしい。(集落って聞いても、どの程度の規模かちょっと想像するのが難しいが、まぁ少し遠いらしい。)


が、その方はなんと、

「歩いて行くと遠いので、良かったらここ乗ってください」


※イメージ図です

と、後ろのキャリアに乗せてくださり、

「ゆっくり行きますねー。」

心遣いまでもが

それで元いた海岸まできちんと送り届けてくれたのだ。


なんという神。。

車で20分ちょいは走ってたので、歩いていたらとんでもない道のりであっただろう。

わざわざ時間を割いてまで、送ってくれるとは。


たいしたお礼もできぬままお別れしてしまったので、この場を借りてもう一度お礼を申し上げたい。

「本当にありがとうございました」

神が、何かのキッカケでこのブログを目にする。
そんなキセキを願って、文を入力してます。


ヒントは一つ。多摩ナンバー。


困っている人を見かけたら見て見ぬ振りはせず、特にサーファーには絶対に優しくしていこうと決めた日になった。

という事で、わずか2時間余りの出来事ですが、無事に戻ってこれて本当によかったというお話です。



戻って来て、


やっぱ危ないし、こええ!!


懲りずにやっていた。




2017 .7/31 (mon)


↑約1時間30分のパドリングの軌跡と陸路



↑AM8:30 神にお会い出来た海岸




↑後日見つけた、おっちゃんのFBの投稿

最後までご覧いただきありがとうごさいました!

目頭が熱くなった日

野球はクソにわかですが、少しなら知ってますし野球マンガも割と好きです。


WBCもどうなる事かと思いつつも、始まってみれば2連勝。

熱い展開に、これからも小久保監督に期待してしまいます。


そしてこれ見たら、イケメンすぎて何も言うことがなくなりました。



山田…。

ああ、すぐにでもまた行きたいバリ

山、川、よりやっぱ海。

 

 

はい、という事でバリ旅行について執筆します。

 

f:id:santyos:20170226231518j:image

 

 

ご飯も超おいしくて、サーフィンも超楽しくて、毎日が充実した4日間。

 

サーフィンしに行くという名目で行ってきたわけですが、 始めてから一年経とうとしているのにレベルは下の下。

 

いや、ほんと下の下。ゲゲゲ。

 

 

 

サーフィンっていうのは、それはそれはスタイリッシュなもので

 

f:id:santyos:20170224191749j:image

※イメージ図です

 

 こういうのを想像すると思うんすよね。

 

 

僕のサーフィンは

 

 

f:id:santyos:20170224190548j:image

 

コレです。

 

もう不可思議でしょうがない。

 

 f:id:santyos:20170224192230j:image

 

ブリッジしてる様にも見えるので、ある意味すごいけど。

 

これとか、

 f:id:santyos:20170224193640j:image

 

f:id:santyos:20170224192547j:image

 

シルエットが完全にサキエル

 

や、それは関係ないか。。

 

 

行きの飛行機で、

 

f:id:santyos:20170224193911j:image

「君の名は」があったのは嬉しい誤算であった。

 

席を立った時に、大げさでなくほぼ全員が観てるんじゃないの?ってくらい観てて、

 

 

それはまるで夢の景色の様に、ただひたすらに美しい眺めだった。

 

 

 

はい。次行きます。

 

f:id:santyos:20170224203812j:image

 

f:id:santyos:20170224203832j:image

 

ホテルです。とても良い感じです。

 

 f:id:santyos:20170224204540j:image

 

そしてオーストラリアで食べてたソウルフード

f:id:santyos:20170224203954j:image

ミゴレンを見つけた瞬間、嬉しすぎて買いました。

「怪しいパッケージしてるだろ?うまいんだぜ、これで」

 

 

 はい、次行きます。

 

 

肝心のサーフィンですが、

 

f:id:santyos:20170224204951j:image

 

 

f:id:santyos:20170224204959j:image

 

 

 

なかなか思う様にはいかず。。

 

 

さらには初日で大波にやられ、

 

f:id:santyos:20170224205816j:image

※イメージ図です

 

f:id:santyos:20170224205844j:image

 

帽子をビリビリに裂かれる。 

 

波を食らって、足が痺れたのは初めての感覚だった。

 

もう、こええのなんのって。

 

f:id:santyos:20170224205034j:image

 

ヘロヘロになり、引き上げる。

 

 

 

 

f:id:santyos:20170225194128j:image

朝食には、ナシゴレンとミーゴレンだったり

 

 f:id:santyos:20170224213421j:image

 

f:id:santyos:20170224213436j:image

 

夜にはメキシコ料理食べたり。

 

バリに着いて、すぐヘロヘロになるまで目一杯サーフィンして、美味しいご飯を食べて、上等すぎてバチが当たる。

 

実際にバチは当たるんだけど、それはまた後ほど。

 

 

比較的サーフィンしてる写真もあるので、ご紹介させていただきたくござ候

 

 

f:id:santyos:20170226214543j:image

 

そう比較的うまそうに見える、比較的。

 

何と比較するかってのは、もちろんコレ

 

f:id:santyos:20170226215320j:image

 

コレに比べれば

 

f:id:santyos:20170226214829p:image

 

うまく見えまっする。

 

サーフィン撮ってもらいました。#サーフィン#バリ#腕の振りが死ぬほどダサい#GoPro#サイコーです#あと何も言うことねえよ

 

 一応動画も貼り付けてみます。

 

 雨季とはいえ、

f:id:santyos:20170226231311j:image

 

 

こんな綺麗な夕焼けもみれて

 

ご覧の様に楽しんでいたわけですが、最後の最後で落とし穴がありました。

 

 

結論から言えば、

 

スマホを紛失する。

 

という、旅行あるあるな感じではありますが。。

 

ホテルを出て、空港に向かうぞっていう時。

 

スマホがどこにもない事に気づき、探す。

 

f:id:santyos:20170226221040j:image

※荷物を全部出して探すのを手伝ってもらってます。

 

が、見つからない。

 

機内モードで放置してあるし、そもそも海外なので鳴らない。鳴らせない。

 

第3話

「鳴らない電話」

とか、ちょっと思ったけど言ってる場合じゃねえかんな

f:id:santyos:20170226225909j:image

エヴァのゲリオンより引用

 

という事で今回得た教訓は

 

少しくらいなら浮かれてもいいけど、楽しい旅だからこそ気を引き締めていこう。

 

 

成田に着き、その足で銀座のアップルストアまで行きiPhone7を新たに手にして思うのであった。

 

 

 

それは今年の春一番が吹いた日だった…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バリバリだよー!!

普段なんとも思わない景色が、今日はキレイに感じて撮ってしまった。



大宮そごう。


時刻はAM6:30。


これから成田に向かうバスに乗る予定。

連休をいただき、これからバリに行ってきます。

サーフィンしに行きます。



現地でクラブハウスの人と合流予定なので、行きは完全に1人の状態。

みんなでワイワイ行く旅もいいが、1人で行く旅もドキドキ感を感じつついけるのでそれもいい。

なんていうかワクワクするのよね。


そして最強の自由がそこにはある。


お酒を飲みたくなったら


パッと買って飲んでしまえばいいし、


ラーメン食べたくなったら

食べればいい。


11時フライト予定なので、すぐにでも機内食は出るだろう。



が、関係なくすする。


すでに搭乗するために長蛇の列を作っているが、



やはり関係なくチャーシューをかじる。


食べ終わってから列に並べばいい。


そんな自由気ままさ。

なぜこんなにも一杯1000円もするラーメンを無性に欲していたのか、自分でもわからなくって。



何はともあれ、無事にフライト予定。

初バリ。


行ってきます。

ご挨拶

気がついたら年が明け、成人式も終わり、気がつけば1月も中旬を迎えました。


昨年は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いしますm(__)m


と、今さらながらご挨拶を。


去年始めたサーフィンにすっかりハマってしまい、海に行かない日でも波情報をチェックしたり、



スケボー買ってみて、ライディングの練習してみたり、



初日の出サーフしてみたり、


サーフィンには人生を変えてしまう魅力がある。といった言葉があるそうですが、どうやら本当らしい。


夢中になれる何かが見つかって、嬉しく思います。


そんな事を、




衝動買いした、タケツォー(竹鶴)を飲みながら思うのでした。



改めまして、

本年もよろしくお願い致します。



ペコォm(__)m

ペルソナ5 と君の名は。とクソでかいコイツ

ここ最近、更新頻度がガタ落ちしてた理由の一つにゲームを買っちまったからってのがあります。



ペルソナ5
これにつきましては、延期、延期を重ねて

て、なってたので想いが強すぎるのです。


僕が今のお店に入って、一年目の時だから

こっちでもいい。



ざっくり説明すると、
法で裁けない欲にまみれた大人をこらしめる話。
プレイヤーは心の怪盗となり、悪い人の欲望を盗むと改心するので困ってる人を助けようという義賊的な話。

体罰セクハラ教師を改心させたりとか)

これが、まぁー面白い。

面白さを語れば、いくらでも語れるからここではやめておく。



2ヶ月くらい前に出て、やっと今になってひと段落ついたトコなので、そろそろここらで気になっていたアレを観に行こうと思いましてね。


そう、
君の名は。


今さら感もあるけど、ワガハイが人知れず心の怪盗団になってる間に、ぼちぼち落ち着いたであろう「君の名は」

悪い噂を全然聞かないのがスゴイな、と思って興味をそそられまして。



観に行ったところ。


なんというキレイな映画だ

とてもキレイだった。絵も話も。

舞台が実際にあるところなので世界観に入りやすいのもグッド。

また、田舎の風景も超素敵。

素直に面白かった。良作。もう一回余裕で観れる。いや、観たい。

夏の映画ゆえ、夏に観るべきであったか。。



今年の3月。だったかな

あんな珍遊記とか、

見たのを激しく後悔した。今さら。


そのくせ、珍遊記に至っては上映された次の日に観に行くとか、もうなんなのってね

やーれやれだぜ。

で、今日行った映画館。

浦和のPARCOだったんすけど、ホットドッグ的な軽食あるかなー?と思ったけどないんすね。

代わりにポップコーン買ったら


でけえよ

家に持って帰っても、

余りすぎだよ


うまく伝えられないところがもどかしいが、余裕でマイクポップコーン×2くらいは残っている



やれやれだぜ。





【本日のオススメ度】


参考にしてみて〜


P.S.
さ、ポップコーン祭りです

九十九里から表参道のプペルへ

学生の時では、とても考えられない事だし実行できる気がしない事が一つだけあった。

それは、

早起きする事

これが歳をとる。という事なのかもしれないが、だとしたらそんなに悪い事じゃないと思うこの頃。

AM3:00起床。

日の出とともに、

サーフィン。


冬用のウェットスーツをオーダーしたのが出来上がり、

オーダーメイドがこんなにもフィットするなんて知らなくてテンションはダダ上がり。

が、しかし一本も良い波に乗れずあえなく退散。

ちなみにオーダーメイドで10万しましたが。

高いか安いかは人それぞれですが、まぁ高いかなって。
でも全然いい買い物ができたと思うので、何の後悔もないしこれから楽しみ。


ひとしきり、楽しんだ後でもまだAM10:00。


むしろここから、1日が始まると言っても過言ではない時間。

そして、本日は

オーストラリアの友達のカメラマンのシウ君から、かの有名な絵本作家、「にしの」の絵本の展示会に誘われていたのでシウ君と漫画家の卵の先生I氏と共に面白そうなので行くことにしていた。



pm15:00

表参道着。

さっそく展示会へ。



絵、めっちゃキレイっすね

絵が緻密すぎて、もはや絵本の絵ではない。


これがにしのの力なのか!?といったら、そんな事もないらしいですね。

完全分業制で作ってプロのイラストレーターは20人ほどいるとか?

まー、単純に作品を世に生み出したという事実だけですごい事。

私は出来ません。

すごい人ですね、この方。

あ、この絵一枚で、

25万するそうです。


高いか安いかは人それぞれですが、高えよ!!

驚くべきポイントは、全て売り切れという事。

しかも、1人の方が40枚近くある絵を全て買ったらしい、です。


えええぇぇー!!?ってなりましたが。


プペプペプーぺー、プペプペプーぺー、プペプーぺー、プペル♪

展示会に響く、えんとつ町のプペルの歌がいやによく聴こえてきた気がしました。


その後、クソおみくじなるものを引いたら

ドブって出てきて、どうしようもねえ。と思いました。

これは作れる自信あるわ。クソおみくじ。

そして金をドブに捨てたわ。


その後、展示会をでて

ネタ的要素満載であろうケバブ丼に手を出してみたら


意外とうまくてビックリしたという。


さらにその後、クレープを食べる。


男3人で。


男とはクレープを1人で食べられない生き物である。

食べたいけど1人では食べられないのである。

それくらい、色んな意味で甘〜い食べ物なのだ。

一言で言えば、甘美。

並んでまで食べるのは絶対に出来ない事。

ゆえにデートに行った時限定の食べ物がクレープなのである。

ちなみに僕はクレープ大好き。イチゴ好き。

案の定、並んでいるのは高校生女子がほとんどだが、男3人いればどって事はない。

「チョコ、増し増しで」

なんてこともどって事ない。言わなかったけど。


30前後のおっさん3人でクレープの生地ヤベエー!とか言いながら美味しく食べる原宿の夕方。


だが次は言ってやるからな。

「イチゴ増し増しで」


こうして、長い1日を終えたのであった。



まとまりない文ではありますが、まとまりある1日でした。


何が言いたいかは、僕にもわかりません。

1時間近い時間をかけてポチポチ文を作って、何が言いたいかわからない。

それが少し悔しくって。。