satoshikoide

埼玉県の与野駅にある、美容室passtimeのスタイリストが、美容の情報やグルメや日常について、シュールにお届けし〼

三十青年漂流記

意欲がわき、急に執筆したくなりました。

あれは7月31日に伊豆に行った日の事。


海洋調査という名目のもと、シュノーケリングを毎年地元の仲間でやるのが夏の恒例行事。

今回、台風うねりが入ってきて波も少し高めな状況。

本来行くはずであった、ヒリゾ浜にも波が高くて行けないという状況でありました。
(※ヒリゾ浜はググってみて〜)


そして、代わりに行った落居海岸というポイント。
本来、ここはシュノーケリングで知られるポイントらしいが、

あれ?波立ってんじゃねえ??


という事で、急遽サーフィンに切り替えました。


出来るっちゃ出来るが、、滑った先には岩場がむき出しになっててメチャ危ないこの海岸。

サーフィンするポイントではないのだから当然といえば当然なのだが、、

結果、

やっぱ危ないし、こええよ!

なんか波でかいし!


そんな時、この駐車場を管理するおじさんが


「その辺の岩場は危ないからやめておけ、向こうに島が見えるだろう?
あそこはサーフィンのポイントにもなってて、プロサーファーも来るからあそこでやっておけ」

と、要約するとそんな事を言われすっかりその気になった僕。

実際このままだと、ボードもオシャカにしかねないし何より怪我しかねない。


が、かなり遠くね??って思うけど、行かないわけにはいかない。




遠くのこの島↑

それが自分なりにサーファーとしてやってきた矜持でもあった。

ま、でもせっかく水キレイだし遊びも兼ねて行くか。。



という事で、普通ならばあり得ないこのスタイルが生まれた。

シュノーケリングやりがてら、サーフィンするというこのスタイル。

大谷選手で言えば、二刀流。藤井四段で言えば、王手飛車。

サーファーに見つかったらメチャ恥ずかしいが、幸いここにはサーファーは誰もいないので関係ない。
突っ込まれたとしても、

「ははっ、王手飛車取りなんで」

と、濁せばすむ。


いざ!!



漕げども漕げども、辿り着かない、



あの島は遠く。



手元の時計で確認したとき、確か30分は経っていたと思う。

いや〜遠かった〜、ようやくたどり着いた島。


↑遠くね笑

だがそこには波は立っておらず、また少しあるのかな?と思って注意深く観察してみても、岩場がむき出しの危険な状態であった。


え、できなくない??

こんなに疲れたのに、こんなに漕いだのに。


おい、おっちゃん、ウソだろ、おい。。


とりあえず、






嫌になっちゃって海に逃げ込んだのさ

気分は、もうたい焼きの様さ。

水はキレイだし、そこそこ大きい魚群も確認できたので良しとする。撮れなかったけど。


もう帰ろう。。つかこれだったら最初のポイントのがまだ出来るよ。

という事でさっそく引き返す。


異変はここから

あれ、ちょっと右に流される??

沖に流されないだけ全然いいけど、右に流されている事に気づく。

む、ちょっとマズい。

帰るべき目印にしていたテトラポットは遥か遠くにあり、気がつくとちょっとずつ流されるのでこれは注意しなければ。

という事でヘロヘロになりながらも漕ぎ続ける事、1時間。

さらなる異変に気づく。

「あれ、どこ、ここ??」


気がついたら、全然知らない海岸にたどり着いていて、焦りを感じ始める。

しかし、落ち着け。まずは上陸する事から。

テトラポット付近には波が打ちつけているので、ここからの上陸は危険すぎるので絶対にダメだ。

はまったら最期なのだ、テトラは。

そんな凶悪なテトラポット群を抜けて、やっと上陸出来そうなところを見つけて、愕然とする。

本当にどこに来てしまったんだろう??

まるで浦島太郎である。

しかしながら、道は繋がっているのだ。歩けば辿り着くはず。


そう考えてる時、ある男の人に声をかけられる。

「波立ってました??すごい遠くにいたけど、大丈夫ですか?」


サーファーの方なのだろう。

かくかくしかじかでここまで流れ着いてしまった事を説明し、現在地の確認と、元にいた海岸の行き方を教えてもらった。

どうやら隣の集落まで来てしまっていたらしい。(集落って聞いても、どの程度の規模かちょっと想像するのが難しいが、まぁ少し遠いらしい。)


が、その方はなんと、

「歩いて行くと遠いので、良かったらここ乗ってください」


※イメージ図です

と、後ろのキャリアに乗せてくださり、

「ゆっくり行きますねー。」

心遣いまでもが

それで元いた海岸まできちんと送り届けてくれたのだ。


なんという神。。

車で20分ちょいは走ってたので、歩いていたらとんでもない道のりであっただろう。

わざわざ時間を割いてまで、送ってくれるとは。


たいしたお礼もできぬままお別れしてしまったので、この場を借りてもう一度お礼を申し上げたい。

「本当にありがとうございました」

神が、何かのキッカケでこのブログを目にする。
そんなキセキを願って、文を入力してます。


ヒントは一つ。多摩ナンバー。


困っている人を見かけたら見て見ぬ振りはせず、特にサーファーには絶対に優しくしていこうと決めた日になった。

という事で、わずか2時間余りの出来事ですが、無事に戻ってこれて本当によかったというお話です。



戻って来て、


やっぱ危ないし、こええ!!


懲りずにやっていた。




2017 .7/31 (mon)


↑約1時間30分のパドリングの軌跡と陸路



↑AM8:30 神にお会い出来た海岸




↑後日見つけた、おっちゃんのFBの投稿

最後までご覧いただきありがとうごさいました!