読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satoshikoide

埼玉県の与野駅にある、美容室passtimeのスタイリストが、美容の情報やグルメや日常について、シュールにお届けし〼

ノリに任せてGoProを買ってみた

考察 たわ言

よく言えば、思い立ったが吉日。悪く言えば、衝動買い。


古今東西、男は電化製品を求める瞬間がきっとある。



唐突にこの日の夕方に買う事を決めた、あるアイテム。



そう、ウェアラブルカメラである



今後使うかなー?くらいで、それ以外に特に深い理由はなかった。


無性にウェアラブルカメラが欲しくなっただけ。







たいしてその存在すらも知らなかった、GoPro氏。


買いに行く1〜2時間前に、サラッと調べた程度で、アメリカが作ってるウェアラブルカメラなんだな。って知識を新たに得た。




迷いは決断や覚悟を鈍らせる。

ゆえに迷わない。


髪の毛と一緒。

切りたくなった時が切り時で、買いたくなった時が買い時なのだ





購入ッ!


開封の儀など、しない。ガムシャラにあける。



そして、、



ついに、テクノロジーの結晶を手中に収める。

そう、まさに手中という表現が正しい。



…素晴らしい。そう思わずにはいられない。



そして、付属品の確認。




これにGoProを取り付けるそうだが、この形状ってなに??



リュックについてる、パチッてヤツなのか?



なんて名前か、知らないけど。





まぁ、いい。





サーフ用のマウント。らしい。


いや、マウントじゃねえよ。

マウントって堂々と説明してるけど、マウントじゃねえよ。


言ってる意味はわかるけど、マウントって言葉に馴染みないでしょ、そんなに!



と、ついうっかりすぐにdisる悪いクセが出てしまう。



ま、とりあえず後回し。


電化製品買った時にやる、大切なことがあるだろ。まずは。




セッティングでしょ、やっぱ


デフォルトが全て英語になっているが、ここは2年豪州にいた経験を活かす。


あの日、あの時の自分がいるから、今こうして淀みなく操作出来る自分がここにいる。


無駄な事など一つもないんだね、父さん。

と、そんな事を一つも言われた事がない自分は、それこそ無駄に父に感謝する。


(つか、そもそも難しい事が書いてない)


まずはラングェジだな。ラングェジ



※正しくはlanguage。




なんのかんの言ったけど、やっぱ日本語が落ち着くんで変えさせて下さい。スイマセン



と、思ったら。



言語、中文しか選べねえじゃねえカァァッ!!



これは、アレだ。うん。豪州で使ってた時のクソ携帯と一緒だ。



あの時もlanguageって偉そうな項目があったけど、選択肢は中文しか選べなかった。

液晶のチープさが、NOKIAを思い出す。


まったくもう、中文じゃねっつの。


まぁ、こんだけ小さいボディなのだから英語で対応させてもらわねばね。




うんうん、時間合わそうね。
















はぁ!!?






スコンッて動くけど、




ヌルッと戻る。




おいおいおい、どうなってんだい??



もしかして、0:00amって項目がないのか?






…なんか疲れてしまった。



まぁ使ってみてからのお楽しみだな。




中文と時計が合わせられないのと、よくわからない取り付け部。そして、マウント。






考えても眠いので、また今度考える事にした。