読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satoshikoide

埼玉県の与野駅にある、美容室passtimeのスタイリストが、美容の情報やグルメや日常について、シュールにお届けし〼

こちらが思う200点は、相手には200点にはなり得ない。

髪質、毛量、生え方、生えグセ、毛流れ、骨格などを見極めてデザインを作る事。



同じ人はいないし、好みも人それぞれ。



美容師の仕事は、大変難しく感じる時もあります。





が、それゆえに楽しい。






こうして、こう切る。

こういうクセがあるから、こう切る。





自分の狙い通りのデザインに仕上がり、かつ喜んでもらえた時。


美容師としての楽しさというのは、そこなんではないかと。



100点が最高だとして、200点の出来だったりすると(自分が思う満点よりも想像以上に仕上がる時)、ぃやったぜ!!となるあの瞬間。



やりがいを感じる瞬間ですね。



デザインする、という事は楽しい。という事。




狙い通りのパーマが出た。

狙いよりももっといい色が出た。




時に200点の仕事をしたとしても、それは相手にとって200点にはならない事もあるので注意は必要だったり。









今日はそんな事を感じた1日でした。