読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satoshikoide

埼玉県の与野駅にある、美容室passtimeのスタイリストが、美容の情報やグルメや日常について、シュールにお届けし〼

ワラビのケバブ屋さんに駆け込んでみる

蕨市在住、小出賢。


知らない人は漢字読めない、蕨。


知っているようで知らない蕨の事。



偶然見かけたココ。









ハッピーケバブ!?




バカな!?この町にケバブ屋だと?






オーストラリアのケアンズバックパッカーの隣がケバブ屋があった事を思い出しましたけど、それは海外でオーストラリアだったから。





※聖地ベルビューバックパッカー。隣がケバブ屋




ここ、ワラビですよ?



海外だからケバブ屋あっても不思議じゃないけど、日本の、しかも蕨にってスゲえな!と。



物は試しに、




テイクアウトしようかと。



そして、、



近づいて全てを理解しました。








そうか、ワラビスタンか


※ワラビスタンとは↓↓
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNMSFB0501R_V00C13A9000000

ものすごいざっくり言うと、クルド人コミュニティが蕨にあるという話。









ケバブサンド食べる事にしました。






ネタ的要素満載なケバブ丼もありましたけど、ちょいハードル高めなのでまずはケバブサンドを。




しかし店内賑わっているので、ちょっと待つとの事。



見たとこ、10人くらいはいそうだな。
その中になぜか日本人のおばちゃんが一緒の卓についていたのが気になりましたが。




まー、面白いものが見れそうだから大人しく待つとしよう。






そして待つ事10分。





店内の人達に出すケバブを先に出す店主。



待ってもらっちゃうから、どうぞ!って変なジュースもらったりしてさらに待ちます。







おお〜!!これぞケバブだね〜。



美味しそうだね〜。

待たせちゃったから大盛りにするヨ!!

ゴメンね、ホントに!

なんて言われたりして



さらに待つ事10分。




待つには待ったけど、ジュース出してくれたりサービス精神旺盛な店主に好感を持ちました。


ハイ、オマタセ!!メチャクチャ大盛にしといたヨ。


お、出来たのね。

2個で1000円(^-^)!!


…。





えっ!!




2個頼んでねえ〜。。。







いや、あの一個なんですけど、、、




う。。





あ、一個だったの??ゴメンネ!ダイジョブヨ!!

20分ほど待って、頼んでない2個目を買わされたら、とんだお笑い草である。



よかったよかった。





そんで味の方は、、







ウマいんです!!




たまに利用してもいいのかも。





ワラビ。




蕨氏のマスコットキャラクター、わらびくん



相変わらず面白い町です。