読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satoshikoide

埼玉県の与野駅にある、美容室passtimeのスタイリストが、美容の情報やグルメや日常について、シュールにお届けし〼

致死量ギリギリを試すけど、だからなに?という夜

最近やっとわかった事で、そこまで辛くないものでも、食べると翌日トイレにこもる可能性95%くらいあるんですよね。



辛いもの好きだけど、辛いものに弱いという致命的な弱点を抱える私。


にも、かかわらず













どうして食べてしまうんでしょうか?

蒙古タンメン

次の日仕事なのに。





ちなみに、今回おしゃれな頼み方してみました。




赤いプチスープを、






蒙古タンメンに混ぜ





※見苦しいのでモザイク入れました。



食す。




ただの蒙古タンメンじゃダメだ、辛さが足りぬ。




ちょっとずつ混ぜながら、







食す。









それは致死量ギリギリを探る戦い。

赤いスープを入れ過ぎると翌日死ぬ事になる。



きっとこれくらいまではOKであろう所までで止める技術。


なぜする?と問われたら、ギリギリでいつも生きていたいから、とK◯T-TUNの様な回答しか思いつかない私。





そして、思う。








やり過ぎた






今から明日に怯えるなう。



ギリギリでいつも生きていたいけど、ギリギリじゃねえわ、ダメだこれ。





次回予告



「トイレだってばよ」